教会報の巻頭言

よろしくお願いいたします!
御前(みさき)ザビエル

4月13日より浦和教会と朝霞教会の主任司祭になりました。
皆さんとともに復活された主イエスの道を歩むように、互いに助け合っていきたいと思います。

わたしは、1944(昭和19)年、フランスのアンジェ市に、男ばかりの5人兄弟の3番目として生まれました。
教育を行なうラ・サール会の学校で教師として勤めましたが、1974(昭和49)年、ナザレの人々の中、
人々の間で労働する生活をおくられたイエスに倣って、人々と同じように仕事に就く「福音の小さい兄弟会」に入りました。
修練の後、日本の伝統や文化に引かれて1975年来日しました。
東京の北千住に住み、日本語学校に通った後、運送会社のトラック運転手をしながら、福音宣教に従事しました。

1987(昭和62)年3月、塩田泉神父様と一緒に司祭になりました。
1991(平成3)年より和歌山市内の精神病院で看護助手として4年間働きました。
1993(平成5)年、自分の人生を最期まで日本の地で捧げるしるしとして、
帰化して、神と人々の御前(みまえ)に仕えるつもりの御前(みさき)ザビエルとなりました。

1994(平成6)年、さいたま教区に入り、上福岡教会に6年間、所沢教会と宮寺教会(以上、埼玉県)に8年間、
松が峰教会(栃木県)に9年間、群馬県の前橋教会に3年間いて、奉仕しました。

埼玉県に戻って住むことになりますが、浦和教会、朝霞教会、そして埼玉県南ブロックの場で、
主イエスの福音の喜びのうちに皆さんととともに生きることができますよう願っています。
よろしくお願いいたします。

御前ザビエル神父

教会報 2020年5月号 巻頭言

Script logo