2020.04.05 お知らせと報告:教会だより 2020年4月号より

教会委員会より

さいたま教区からの「公開ミサ中止」の発表を受け、教会委員会より各地区連絡網、ならびに教会一斉メールにて信徒の皆さまにミサ中止のお知らせを発信させていただきました。
もし、いずれの方法によるお知らせも届かなかった方がいらっしゃいましたら、お住いの地区のお知り合いの方等を通じて、または直接教会委員までお申し出ください。

典礼部より

3月27日、山野内司教さまより発表された「新型コロナウィルス感染症の対応(第6次)」(全文は教区ウェブサイトをご覧ください)に従い、4月の典礼は次のようになります。

1. 公開のミサの中止
4月26日 (日・復活節第3主日) まで公開のミサの中止を継続。

2. 聖週間の典礼
枝の主日 (4月5日) ミサは非公開。枝は公開のミサ再開後に配布予定。
聖香油のミサは延期。
聖木曜日と聖金曜日、復活徹夜祭・復活の主日の典礼は非公開。信徒は自宅で心を合わせて祈る
洗礼式は延期。

3. 四旬節の愛の献金
これまで通り「カリタスさいたま」に送付。

4. これまでと変わらないこと
主日のミサ、聖なる3日間のミサに与る義務の免除。
結婚式と葬儀は、充分な感染防止対策を取った上で行う。
ミサ以外の諸行事は、延期または中止するよう配慮。

宣教司牧部より

フランシスコ教皇の訪日メッセージ「すべてのいのちを守るため」に応えるため企画した阿部仲麻呂神父様のパルコでの連続講話会は、新型コロナウィルスの終息がはっきりしないため、延期と致します。
残念ですが、出来るようになりましたら改めてお知らせ致します。

会計部より

1. 3月と4月のミサが中止されましたので、2ヶ月分のミサ献金の収入がありません。
わたしたちの教会を支えるため、ミサ再開の折にはご協力をお願いします。

2. 教会費などは、ミサが再開されてからお納めください。
納入のために教会においでいただくにはおよびません。
くれぐれも無理なさいませんよう、お願いします。

3. 教会費と一般献金は、教会の口座へのお振り込みでも受け付けています。
これを機に、ぜひご利用ください。
振込先は、教会報の表紙タイトルの下に記載しています。
詳しくは会計部長までおたずねください。

日本語クラスより

日本語クラスは教会が平常に戻ると思われる5月中旬までお休みします。
5月中旬に再開の予定ですが改めてのご連絡をお待ちください。
受講生、ご協力者の皆様にはくれぐれも今後ともご協力をお願いします。

教皇フランシスコのことば

真の祈りには、三つのことが必要です。
まずは信仰、次に忍耐、そして勇気です。
今はさらに祈らなければならないときですが、このように祈っているか自問自答してみましょう。
真の祈りに対し、主はわたしたちを待たせるかもしれませんが、裏切ることは決してありません。

Script logo