病者の塗油について

病者の苦しみを和らげ、慰めを与え、主への信頼のうちに病苦をキリストの受難に合わせてささげるよう勧める秘跡が「病者の塗油」です。
第二バチカン公会議以前は「終油の秘跡」と呼ばれていて、死に臨む人に授けられる秘跡というイメージが強かったのですが、
現在は、生死に関わりなく、長期療養の人や、手術前にも授けます。
肉体的な回復だけでなく、病苦によってキリストへの信仰を見失うことのないように祈りが捧げられます。

塗油を受けるのは、
*病気または老齢のために危険な容態にある人
*危険な病気のために外科手術を受ける人
*老齢によって体力が著しく減退している人
などです。
病状悪化の場合などには、繰り返して秘跡を受けることができます。
また、物心ついている子どもも受けることができます。

Script logo