2020.08.02 お知らせと報告:教会だより 2020年8月号から

今後の公開ミサについて〜教会委員会より

山野内司教様より「新型コロナウィルスの感染拡大に対する教区の対応について(第10次)」が発信され、図書室前に掲示しております。
8月31日までは現在の第9次の対応を継続するとのことです。
ミサは、まだ暫くは現状のまま以下の日程のとおりグループごとでの交替制を継続します。
今後、さらに新型コロナウィルスの感染被害が拡大すると、再度ミサの中止を判断する場合もございますので、予めご承知おきください。

第1グループ (本太・常盤・岸町・大戸・南部) … 8月16日
第2グループ (太田窪・白幡・沼影・南浦和・東浦和 … 8月23日
第3グループ (大東・別所・落合・円阿弥・中尾 … 8月30日
第4グループ (塚本・町谷・田島・東部・北部 … 9月6日

※8月15日「聖母の被昇天」の祭日は、今年は非公開となります。
※まだしばらくは教会活動としてのグループでの集まり、とくに飲食を伴う集いは行わないでください。
※安坂神学生が夏休みに入り不在となりましたので、侍者については青年の皆さんにお願いすることにいたしました。

神父様動画〜教会委員会より

浦和教会ホームページの御前ザビエル神父様から信徒の皆さまへの動画メッセージを更新しました。

教会委員会より最近の取り組み

ミサが中止の期間中も、そして限定的なミサが再開となったこの期間中にあっても、聖堂内外の清掃や様々な教会活動にご奉仕くださりありがとうございます。
ここ最近の教会委員会としての取り組みをご報告いたします。

1. 教会内の片付けと不用品の廃棄処分をおこない、収納スペースの各部ごとの見直し等を行いました。
2. 旧ホーリーコーナーを青年会の分かち合いや初聖体勉強会などの場所 (第4集会室) として使えるようにしました。 (6~8名程度)
3. 司祭事務室のエアコンを新しいものに交換しました。旧ホーリーコーナーについても後日新たに取り付け予定です。
4. 司祭館に入って右の部屋を小聖堂にしました。初ミサの日程は未定です。
5. 聖堂内のマリア像とテレジア像の清掃と修復を純心聖母会のシスターにご協力をお願いして順次おこなっていきます。また、祭壇上の十字架もひび割れについて修復し、清掃の予定です。

タクシー乗り入れなど〜教会委員会より

教会にタクシー等での送迎車でお越しになる場合は、司祭館側の駐車場での乗降をお願いします。
正面スロープへの車輛乗り入れは大変危険です。
スロープに車輛を乗り入る際は予め教会にお申し出いただき、またその際はお車の誘導員の配置をお願いします。
自転車については教区事務所駐車場の聖堂側が駐輪スペースです。
お車の方は駐輪スペースを空けて駐車してください。
なお、裏口 (司祭館) 側には自転車をおかないようお願いします。

コピー機・印刷機使用について〜教会委員会より

使途不明のご利用が増えて困っております。
お使いになったときには、必ず使用簿への記入をお願いします。
機器は正しく丁寧に使用し、ご不明の点は広報部員にお尋ねください。

典礼部より

7月末時点で、ミサは「ガイドライン」に沿って、歌などがなく、グループ分けした形での参加を継続しています。
なお、教会聖堂は日中、開いていますので、自由にお祈りできます。

点字図書館支援〜宣教司牧部より

今年もロゴス点字図書館への支援をお願いします。
集めるのは使用済み切手、未使用切手、書き損じ官製はがき、CD、カード類、寄付金です。
視覚障害者の光となる点字図書が一冊でも多く作製出来ますよう、皆様の温かいご支援を宜しくお願い致します。
8月、9月中支援箱を教会入り口におきます。
寄付金は、日曜日のみお入れ下さい。

日本語クラスより

浦和教会のミサは地区ごとに再開されましたが、当面の間、日本語クラスはお休みします。
再開につきましては関係者とも相談の上、改めてご案内します。
それまでお待ちくださいますようお願いします。

教皇フランシスコのことば

信仰とは福音を宣べ伝えることです。そうでなければ信仰とは言えません。
信仰はわたしたちを自分の殻から外へ連れ出し、他者へと向かわせてくれます。
説き伏せるのではなく、大切なものを差し出すように、信仰を伝えなければなりません。
外へ扉を開いて、真の信仰を生きられるよう主に願いましょう。

Script logo