2022.05.01 お知らせと報告:教会だより 2022年5月号から

教会委員会より

1. 今後のミサの日程
5月1日(日)第2グループ
5月8日(日)第3グループ
5月15日(日)第4グループ
5月22日(日)第1グループ
5月29日(日)第2グループ

2. 5月30日(月)午後1時より、ラファエル安鎭亨(アン・ジンヒョン)助祭の司祭叙階式が浦和教会で、司祭団・助祭団、関係者のみで行われます。
大変残念ですが、一般信徒の方の参加はできません。
当日は、心をあわせてお祈りください。
(ライブ配信はありませんが、後日さいたま教区ホームページへ録画動画が掲載される予定です)

3.「カリタスさいたま」より
新型コロナウイルスの影響から、困難な状況に直面されている方々へ支援を検討している旨の連絡がありました。
具体例として
・勤め先からの解雇、雇止め等による生活困窮
・勤務日数の減少や、終業時間の短縮による減収による生活困窮
・アルバイトの減少等により生活困窮にある学生・生徒
・その他特別な状況による困難。
もし、該当されるお困りの方がおられましたら、ザビエル神父様か教会委員長までご連絡ください。
プライバシーは厳守し、カリタスさいたまに、おつなぎいたします。

典礼部より

1. 聖体奉仕者養成
ミサの中で、ご聖体を授ける「聖体奉仕者」を、信徒の中からお願いすることとなりました。
神父様と教会委員会で相談して依頼する方にお声がけいたします。
ご協力いただけると幸いです。
そのための勉強会を5月8日(日)ミサ後に行います。

2. 6月堅信式
6月12日(日)に浦和教会で10時のミサの中で堅信式を行います。
今回は18歳以上の大人のためです。
そのための勉強会は4月24日(日)と5月22日(日)のミサ後、です。
準備している方のためにお祈りください。

3. 朗読奉仕者勉強会
6月26日(日)ミサ後に、ミサ中に聖書朗読する方のための勉強会を行う予定です。
現在、朗読奉仕にご協力いただいている方と、今後、奉仕をしてみたい方のご参加をお願いします。

4. 主日のミサは引き続き、グループに分けて行われています。
平日ミサは、水曜(12時)金曜(10時)のみ行っています。
教会聖堂は日中、開いていますので、聖体訪問など、自由にお祈りできます。
なお、教区のコロナ対応方針に変更があり、浦和教会のミサのやり方が変わる場合は、連絡網・一斉メール等で連絡いたします。

訪問会(宣教司牧部)より

ともに歩む教会(シノドス)を生きるため、訪問会ではご病気やご高齢の理由で教会に来られない方のために訪問を行っています。
訪問を希望される方は、どうぞご遠慮なく、教会委員または訪問会までお知らせください。

会計部より

5月22日は、指定献金「世界広報の日」です。
皆さまのご協力をお願いします。

日本語クラスより

日本語クラスの協力者の皆様へ
日本語クラスの活動の再開はコロナ禍の影響を考慮し9月からの活動再開としました。
しかし、事前の打ち合わせ、確認等もありますので、協力者の皆様の集まりは7月頃を予定しています。
会合の日時等のご連絡は改めて行いますので、改めてのご協力をお願い申し上げます。

侍者会より

初聖体を受けている小学生、中学生、高校生、青年のみなさん。侍者をしてみませんか?
はじめてで、侍者のことがわからないという人も、6月19日(日)ミサ後に勉強会を予定しています。
みなさんの参加をお待ちしています。
侍者に興味がある人は、ザビエル神父様か、担当までお声掛けください。

教皇フランシスコのことば

復活したイエスのからだにある傷は、わたしたちが平和を得、平和のうちにとどまることができるように、イエスが愛の武器でわたしたちのために戦い、勝ち取られた闘いのしるしなのです

Script logo