2020.06.14 公開ミサの段階的な再開について

6月12日 (金) にさいたま教区 (http://saitama-kyoku.net/) から発表された文書にしたがい、
浦和教会でも教会活動を段階的に再開します。
以下のガイドラインをよくお読みになり、適切に行動していただくようお願いいたします。
なお、教区からの文書を画像にしてこのページに掲載していますのでご参照ください。

10月4日の御ミサからは「75歳以上不可」という年齢制限がなくなりました。
詳しくは「2020.09.29 公開ミサの段階的な再開について(年齢制限の解除)」をお読みください。
(2020.09.29 追記)

ミサに参加される方は、朝の体温を「来場者カード」にご記入いただきますので、体温を測っておいでください。
皆さんが円滑に入場できるよう、ご協力をお願いします。

みさに さんかする ひとは、あさの たいおんを はかって きてください。
みさに さんかする ひとを きろくする かーど」に たいおんを かいてもらいます。

1. 公開ミサについて

1) 公開ミサの再開が可能となりましたが、ソーシャルディスタンスを保つため、参加可能な人数を限定50名とします。
参加可能な方は、地区割りの掃除当番グループで指定します。
ご自分の地区がわからない方は、上のメニューの「信徒の皆様へ」の「地区」をご覧ください。

第1グループ (本太・常盤・岸町・大戸・南部) … 6月21日・7月19日・8月16日・9月13日・10月11日
第2グループ (太田窪・白幡・沼影・南浦和・東浦和) … 6月28日・7月26日・8月23日・9月20日・10月18日
第3グループ (大東・別所・落合・円阿弥・中尾) … 7月5日・8月2日・8月30日・9月27日・10月25日
第4グループ (塚本・町谷・田島・東部・北部) … 7月12日・8月9日・9月6日・10月4日

※8月15日 (土) 聖母の被昇天 (祭日) のミサは非公開で行なわれます。(7月31日追記)

*ミサはすべて日曜日の主日のミサ (日本語) で、時間は午前10時からです。
*1週ごとに交替し、月1回ミサに与れるようにします。
*未受洗者に限って、居住地に関わらず参加は自由です。
*ミサのためのご奉仕をお願いしている皆さんには、この地区割りによらず参加していただくことがあります。

2) ミサに来られた方が50名を超えた場合には、以後来られた方は聖堂外の別室での参加となります。
あいにく入堂できなかった方も、各自十分間隔を取って参加してください。
なお、聖堂外で参加された方々も、ご聖体はミサの後に拝領することができます。

3) 厚生労働省の報告に基づき、重症化率と死亡率が急激に高まる65歳以上の方については、ミサへの参加の自粛をお願いします。
特に75歳以上の方々、並びに持病(重い基礎疾患)のある方々には大変申し訳ありませんが、「いのちを守ること」を優先し、もうしばらくの間、ご自宅にとどまってお祈りし、霊的聖体拝領を受けてください。
司教様からの主日のミサに与れる義務も引き続き免除されています。

4) ミサ参加の予約受付はおこないません。
5) 土曜日夕方の主日のミサ、タガログ語・英語のミサ、週日のミサは、しばらくの間中止を継続します。
6) 他の教会に出向いてミサに参加することはご遠慮ください。どの教会も浦和教会と同様の状況下にあって、対応に苦慮しています。
7) 洗礼式・ゆるしの秘跡・病者の塗油などについて、緊急でやむを得ない状況下の方についてのみ、神父様、または教会委員長に電話でご相談ください。

2. ミサ参加にあたっての要領

1) 聖堂に入る時の手順

(1) 入堂時から退堂時まで、ご聖体を拝領するとき以外はマスクを着用してください。マスクは各自持参してください。
(2) 告解室裏側(教区事務所駐車場側)の裏口からお入りいただきます。教会玄関前に十分な間隔 (1.5m~2m)を空けてお並びください。
(3) 手指をアルコールで消毒してください。
(4) 来場者カードにお名前・ご住所・電話番号・当日朝の体温をご記入ください。来場者カードはこのページの下からもダウンロードできます。また、ご自身でA4用紙半分程度の大きさの白い紙を用意し、上記4項目を書いてお持ちくださってもかまいません。来場者カードは、万一感染者が出た場合には感染経路追跡のため保健所に提出しますが、個人情報ですので教会委員長の責任のもと浦和教会にて1ヶ月間厳重に保管します。
(5) ミサ献金・教会維持費・建設献金・一粒会献金をそれぞれの箱にお入れください。
(6) 「聖書と典礼」をお取りください。なお、「聖書と典礼」は必ずご自宅までお持ち帰りください。
(7) 予め目印のつけてある椅子が着席可能な場所です。ただし、同居のご家族に限り隣接して着席していただいてもかまいません。
(8) 速やかに聖堂内に着席していただき、入堂後はトイレと案内があった場合以外、みだりに立ち歩かないようにお願いします。また、極力不要なものには手を触れないようにしてください。

2) ミサ中、聖歌は歌いません。
答唱詩編は、会衆が応唱部分を唱え、途中の詩編は先唱者が唱えます。
アレルヤ唱は、先唱の方に続いて唱えてください。

3) 聖体拝領は、係の指示に従い、中央通路に目印をつけていますので、その位置で1列に間隔を空けて並んでください。
ご聖体は口 (舌) では拝領しないでください。
手に受けた後横に移動して一旦立ち止まり、マスクを片側の耳だけ外して拝領します。
その後すぐに再びマスクをもとのように着用してください。

4) 閉祭後は、案内係からの指示に従ってすみやかに教会の建物外に出てください。
指示があるまではお席に座ったままお待ちください。
また、退堂後も教会敷地内での歓談や談笑はお辞めください。

3. ミサ奉仕などについて

1) 先唱者と案内係等は、予めお願いした方々でおこないます。
2) 朗読者は当日入堂された方の中からお願いします。
3) 奉納行列はおこなわず、予め祭壇脇にホスチアと葡萄酒を用意します。また侍者は置かず、オルガンも使いません。
4) ミサに備えて皆さまが入堂される前には、手を触れる場所をすべて消毒いたします。
5) ふれあいくらぶは、当面の間中止します。
6) 各部等での集まりは当面の間原則中止とします。
やむを得ず会議等で集まった場合には、各自の責任でマスクを着用するなどの十分な対策をおこない、招集した方の責任のもと、使用した部屋の掃除と除菌を必ずおこなってからお帰りください。

以上、細かく厳しいお願いで大変恐縮ですが、万が一でも教会で集団感染が発生すれば多くの方にご迷惑をおかけするだけでなく、教会自体が封鎖されることにもなりかねません。
昨今の様々な事情をふまえ、“すべてのいのちを守るため”に取らざるを得ない対応をご理解いただき、ご協力くださいますよう、お願いいたします。
このガイドラインに変更が生じた場合には、各地区の連絡網ならびに教会一斉メールにてお知らせいたします。

カトリック浦和教会 教会委員会

  • 弟9次

    弟9次

  • 弟10次

    弟10次

  • 弟11次

    弟11次

  • 弟12次

    弟12次

  • 弟12次

    弟12次

Script logo